コンパニオンの派遣の仕事といえば・・・。

「派遣」と聞くと、一般的に想像するのは、事務職やSEなどのIT企業への派遣、日雇い労働に多い力仕事などでしょうか。

でも最近は、「コンパニオン派遣」というコンパニオン専門の派遣会社もありますね。

コンパニオン派遣に含まれるものに、「キャンペーンコンパニオン」、「イベントコンパニオン」、「パーティーコンパニオン」などがあります。

ひとつずつ説明していきましょう。

ショッピングモールや家電量販店などで、商品の説明やサンプルを配布する人、これが「キャンペーンコンパニオン」です。

商品の販売促進活動が中心で、当然ながら販売する商品の知識や、接客対応の勉強が必須になります。

イベント会場や展示会などで、司会やMCを努めたり、モデル的にステージに立つ人、これが「イベントコンパニオン」です。

このような説明をすると、あっ、コンパニオンって若い女性のための職業ね。と思われがちです。

たしかに、以前は20歳前後の女性がコンパニオンとして働くことが多かったのですが、最近では年齢層が上がり30歳前後の女性のコンパニオンも珍しくありません。

とくに、司会業の場合は、若い人よりも経験豊富なベテランの方が好まれますしね。

場合によっては、40歳以上の女性でも登録することができますよ。

さらに、海外から人が来るような大きなイベントになると語学力も必要です。

英語や中国語をはじめ、外国語を話せる人はコンパニオンだけでなく通訳としても活躍できます。

そして、パーティーコンパニオンですが、パーティーと名がつくことから、水商売的な要素がある場合があります。

例えば、宴会などのお酒の席に呼ばれることも多かったりします。

温泉宿の宴会などが典型的な例です。

ただ、大きなホテルなどで行われる祝賀パーティーでは、ホテルでのマナーを身につけられたり、豪華な食事が食べられたり、セレブの人たちと接することができたりします。

そして、これららのコンパニオン派遣を依頼しているのは、主に広告代理店です。

仕事の依頼の流れはこうです。

まず、コンパニオンの派遣専門会社に依頼が入って、登録されている人の中からオーディションが行われます。

イベントコンパニオンの場合は、芸能事務所と関連していることも多く、中にはイベントコンパニオンから芸能界へデビューする人もいます。

言ってみれば、イベントコンパニオンは芸能界のステップの一つでもあるのです。

もしかしたら、芸能プロダクションが行われるオーディションよりも、イベントコンパニオンとして派遣登録するほうが簡単なのかもしれません。

こういったコンパニオンを派遣する会社では、仕事に関する研修を行っています。

ナレーターであれば発声練習、モデルとしてなら、立ち姿などを一からトレーニングします。

また、コンパニオンという職業は人から見られるたり、人と合ったりすることが多い仕事なので、最低限のマナーや接客術を身に着けておく必要があります。

こうして、無事オーディションに合格すれば、初めて仕事を紹介してもらえます。

その他にも、タウンワークや派遣ジョブなどのサイトにも、イベントコンパニオンの求人情報が掲載されていることがあるのでこまめにチェックしてみましょう。

https://xn--pck0dpcxb6961a40oth9d.xyz/